2017年11月26日

さわったのはダレ?

菊 タイトル.jpg


ごきげんよう! 母さんです

寝てる時に左手に何かが触れた
そのとき あきらかに
何かが触れた

ナンカが触れたよねぇ・・
触れたような気がしたんだけど・・

ふんごー.jpg

目を閉じたままだったけど
今のはナンダ?と
だんだん自信がなくなってきた
だんだん眠りから覚めてきた

誰かがナニカが触ったんだ
と信じたかった
それはシナモンだ!と
思い込みたかった

もうそこまでになると
目を開けざるを得ないでしょ

開けましたよ
目を

何が触ったの?と
グルリと見回すと
布団がずり落ちそうになっていた

なんだ落ちそうになった布団が
左手に触れたのか・・

そこでガッカリしたくないので
母さんはこんな風に思い込んだ

「母さんのはみ出た左手が
 冷えないように
 布団を引っ張ってくれた」

そこまで思いたいのかっ
ひっぱる.jpg

Zanen deshita.
Sawatta no ha
Futon dayo.


ふふふ.jpg

えっ
そっかぁ
布団がずり落ちただけか・・

いや 違う!
やっぱりあれは布団じゃないっ
シナモンが触ったの


 

見てくださってありがとう!
いつもクリックごちそうさまデス
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村









posted by 老犬シナモン at 15:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

端っこ寝

菊 タイトル.jpg


ごきげんよう! 母さんです

部屋に花を飾ると
明らかにその場の感じが変わります

感じ?

そう 
花を見て緑の葉を見て
わぁキレイ
なんてステキ
と気分が華やぐ

植物が発する「何か」を
感じて私の気持ちも華やぎます

ポインセチア.jpg

シナモンのエネルギーも
私の活力の源でしたね

老犬になっても
それは変わらずに
母さんに供給し続けました

何を?

うーーーん
植物が発する「何か」のような
シナモンが醸し出す「何か」です

植物が光合成して
酸素を供給してくれるように

シナモン由来の合成されるた
「何か」を母さんが
感じとって心の栄養としていたのです

その「何か」は一方通行なのか?

きっと違うでしょうね

シナモンも母さんから発せられる
「何か」を快適に感じていたでしょうね
でなければ 一緒にくっついて
寝たりしなかったよね

寝てる.jpg

寝始めは縦に並んでいても
しばらくすると
いつも母さんは
ベッドの端に追いやられ
落ちる寸前の絶妙なバランスで
寝てたっけ・・・

シナモンって熟睡すると
悠々ノビノビと寝たいらしく
母さんのことキックしたり
肉球ムギューって押してくるのよね

むぎゅう.jpg

そのキックに負けてあげる
うれしさってあるでしょ?
わかる?

キック.jpg

うんもー シナモンたらぁ
ってヤツですよ
困ったフリして喜んじゃってる
ワ・タ・シ

端っこ寝.jpg

そうやってベッドの端っこ寝
スキルを上げていたのですよん。。。



 

見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村








posted by 老犬シナモン at 16:56| Comment(2) | 思い出話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

たまたまの連続

菊 タイトル.jpg


ごきげんよう! 母さんです

シナモンはずぅっとママカットでした
そう 私がハサミでチョキチョキ
バリカンでジージーと
やっていたのでアリマス
34.jpg

なぜ?

トリミングに出すと
いつも3〜4日はグッタリするからでした
疲れたんでしょうかね

カットするのに不慣れな初めの頃は
トイプードルのはずのシナモンは
よく茶色いミニチュアゴリラに
なっていましたね
33.jpg

晩年のシナモンは
体力のことも考えて
ブラッシングとお風呂の日
そしてカットは次の日と
分けて行っていました

さらに晩年は
ボサボサでロン毛になっていましたね
美の追求より体力の消耗をしないようにです

でもねそのボサボサクリクリの
シナモンもナチュラルで
かわいかった

アッチに逝くひと月前
IMG_20160226_123739.jpg

そんな頃のシナモンを
見た気がしました
ここで↓
http://blog.livedoor.jp/chiblits/archives/52118963.html

見たとたん
涙がポロリ

チブリッツさんちの
チビちゃんも
シナモンと同じころに
天使になりましたね

ニュースのトイプーも
チビちゃんも
シナモンの表情にそっくり

なんだか不思議でしたよ
なんだか嬉しかったですよ
なんだか
なんだか
シナモンに会えた気がしました


ある日たまたま
チブリッツさんご夫妻は
テレビを観ていました

たまたま合わせたチャンネルで
たまたま観たニュースが
犬の話題でした

その時たまたま映された
犬の写真がモサモサのトイプーでした

その写真がたまたま
チブリッツさんチのチビちゃん
そっくりでした

たまたまその記事を
シナモンの母さんが見ました
そのニュースの写真に
母さんもシナモンの面影を観ました

たまたまの連続で
母さんはシナモンに
会えた気がしました
うれしかった
チブリッツさん
ありがとうございます

いたずらで
カットした毛を丸めて
頭に乗せて
こんな遊びをしてたっけ  
35.jpg


 

見てくださってありがとう!
クリックしていただけますと
うれしいデス ↓
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村








posted by 老犬シナモン at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

娘自慢

菊 タイトル.jpg


ごきげんよう! 母さんです

時薬(ときぐすり)も有効だけど
同じような境遇や
体験をした人の言葉には
とても慰められる
心の奥までしみわたる

でも時々こういうのは
モヤモヤっとする
できたカサブタを剥がされて
はしっこが
血がにじむみたい

母が入院している時
毎日病院通いをしていた頃の私を
覚えてくれてる
ご近所さんのオバチャンが・・
(私の親世代)

「さみしいでしょ?」

「うん まあぁ
 しかたないですねぇ」

「でもやっぱり さみしいでしょ?
 さみしいわよねぇ」

この時点でシナモンがいなくなって
さみしいでしょ?と
言われてると思った私
(なんか私
 いつもトンチンカンなのよね)

「ずーっと毎日病院に行ってて
 大変だったものねぇ
 お母さんはおいくつだったの?」

「え?あ?」(母のことか・・・)

「えっと 87歳でした」

「おひとりで頑張ってお母さん
 偉いわぁ 
 あなたは一人っ子だから
 さみしくなってしまったわねぇ」

平気じゃないから
平気ですとも言えないけど
母は満足した顔してたから
それはそれで納得で
確かに今も母ロスではあるけれど
病的でもなく

ここであえて母の思い出の世界に
アクセスして浸りきって
さみしいヨと泣くわけにもいかず
(やるならひとりでやるヨ)

オバチャンたらほんの数秒の間に
何回さみしいでしょ?と
私に聞いた?

シナモンの話なら
ポロリときてたよ

さてとそのオバチャン
そのあと自分の娘自慢孫自慢

「娘はなかなか子供に恵まれず
 結婚十年たってやっとできた孫なのよ」

(知ってるよ 
 私が不妊治療しているときから
 聞いてるよ
 その時は聞くのがつらかった話だから
 よーく覚えてマスヨ!)

「あなたも 産めばヨカッタノニ」

(カチン!言ってくれるよな 
 まぁイイ)

「お母さんは亡くなるし
 子供はいないし
 一人っ子だし
 さみしいわよねぇ・・・」

(スゲェ さすがにアッパレ)

「アハハ そうよねぇ
 でも自由だわ〜
 なに?○○さん今日はお出かけ?
 ステキなブラウスですねぇ
 お帽子もかわゆーい」

「うんもぉ 何言ってんのよぉ
 これから病院よぉ
 電車乗ってバス乗って
 アチコチ痛くて
 ガタがきてるのよぉ」

「娘は千葉で遠いから
 なかなか会わないのよぉ
 他の大きな孫も
 めったに寄り付かないわ
 来るのはお年玉の時だけよ
 年金暮らしなのにぃ・・・」

ああ オバチャンこそ
さみしいんだねぇ

オバチャンさみしいんだねぇ

おさげ髪.jpg
母さんには こんなにカワユイ
シナモンが娘でいてくれたことを
今もたっぷり自慢しますっ。。。

 

見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村








posted by 老犬シナモン at 00:26| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

あえてそこにはアクセスしない

コスモス.タイトル.jpg


ごきげんよう! 母さんです


恵比寿駅の改札の左正面にある
花屋さんで
菊が売っていた

仏花じゃなく
和風でもなく
それはそれはオシャレな
黄色のポンポン菊

それはちょっと前のことだから
今は秋も終わりの冬の前

もぉ 
シクラメンとポインセチアで
クリスマスと新春イメージの
赤と緑の
ディスプレイになってるかもね

シナモンのおシッポを
フライドチキンみたいにカットしていた
見ようによっちゃあ
菊の花?
菊1.jpg

こんな顔して寝てる時
シナモンはどこも痛いくないのよ
どこも苦しくないのよ
むしろ心地イイのね
おなかいっぱいとか
眠りに専念できてるとか
見てる夢にのめり込んでいるのね

老犬になって寝てばっかりで
つまらない?

ぜんぜん!

母さんと遊んでもらいたい?

大丈夫!(物足りないけど)

記憶の中の
今は亡きシナモンは
気持ちいい
楽しい
おなかいっぱい
眠い
遊んで?
ササミ欲しいかもぉ
母さんもう寝よう?

ふふ
ふふふ

もちろん 
違う記憶もあるけれど
それと反対のことも
いっぱいあるけれど

あえてソコにはアクセスしない
もっと〜してあげればよかった
とか
あの時この時の後悔に
あえてソコにはアクセスしない

シナモンはそれを望まない
犬は飼い主の笑顔と
穏やかな毅然とした姿が
スキだから。。。



見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村








posted by 老犬シナモン at 22:57| Comment(0) | ペットロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

「あのときごめんね」と言えるタイミングがあるというお話し

コスモス.タイトル.jpg


ごきげんよう! 母さんです

前回ご紹介した
ミルク君の飼い主さんのことです

飼い主さんは自分を責めました

お父さんは自分が目を離したスキに
ミルク君がいなくなってしまったと
嘆きました

お嬢さんはその年に
留学で家を離れたので
「居なくなった私を探して
 飛び出してしまったんだ」と
自分を責めました

お母さんは日ごろの
あれこれのモヤモヤした思いで
気持ちがふさぐこともあり
ミルク君に不安定な感情で
接してしまったから
申し訳ない思いでいっぱい
と自分を責めます

お散歩が足りなかったのかもしれない
毎日の忙しさにかまけて
配慮に欠けていたかもしれない

この事故をきっかけに
家族は今までの自分を
見つめることになりました

お嬢さんには将来のために
意欲的に歩んでいただきたい
という思いに尽きますね

ミルク君は一人で家を
飛び出して
車にぶつかってしまい
命を落としました

ミルク君 
のぶちゃん ミルク.jpg

こんなお話しがあります

生前人間と暮らしていた動物は
野生の動物とは
死後に行く場所がちがいます

シナモンやミルク君は
人間の愛情を生前たっぷり受け取りました
そんなワンコさんたちばかりが集まる
場所?空間?で
はーい.jpg

飼い主がいつかアッチへ旅立つまで
みんなで快適に楽しく暮らします
そこにはワンコさん達をお世話する人が
いるらしいと
私がいつもお世話になっている
美容師さんが
(ミニチュアダックスさんのママ)
教えてくれたお話しです

それを聞いてシナモンを亡くした頃
なんだか気持ちが和らいだのを
覚えています

以来私はそのお話を採用し
その設定として
過ごしています

また他のサイトで見つけた話には
お婆さんが亡くなる寸前に
「〇〇ちゃんがそこにいるぅ」と
昔一緒に暮らしたワンちゃんの
名前を言い
指であたりを示し
しばらくして息をひきとったそうです

つまりぃ
シナモンは私がいつかアッチに逝くまで
お友達と楽しく待っていてくれて
いよいよそのタイミングになれば
また会えるんですねぇ

そして再会すると
双方が満足するまで一緒に過ごし
時がくると人と犬はそれぞれ違う次元へ
移っていくそうです

その時は悲しい別れではなく
納得して満足して
愛と感謝でそれぞれの行くべき場所に
もどるんですねぇ

ってことはまた会えるんですから
「ありがとう
「あの時ごめんね」
「愛してる」の思いを
伝えられるタイミングが
ある
ということですよ

ハグハグむぎゅぅも
できる
ってことですね
安心しました

むぎゅ.jpg

ちなみにですねぇ
アッチとコッチはドッチが
快適だと思いますぅ?

アッチは快適な環境で
欲しいものは全て有り
痛みも苦痛もないんですね

コッチは今いるからよくわかるけど
なにやら いろいろ もろもろ
ありますよネ
メンドクサイこともあるし
フルボッコに
してやりたいと思う人もいるし
あんなコトやこんなコトが
繰り返す波のように
起きてくる

はるかにアッチのほうが
快適なんですよ
ただ肉体がないというだけ

コッチにいる私たちは
赤ちゃんが生まれた時には
オメデトウで喜び
亡くなる時には
嘆き悲しむ

でもアッチ目線で考えてみると
コッチの大変な世界へ涙目で
送り出し
天使になって戻ってきたら
お疲れ様オメデトウ
だったりするわけですよネ!
クレア.jpg




見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村









posted by 老犬シナモン at 15:13| Comment(6) | アッチの様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

おやすミルク

コスモス.タイトル.jpg


ごきげんよう! 母さんです


白いワンコさんを描かせていただきました
ミックスさんのミルク君です

今はシナモンと同じ所にいます
長野県の自然豊かな町で
気ままに暮らしていました

気まま過ぎた?
自由すぎた?
お父さんが見てないときに
おウチを飛び出しちゃった

走るって気持ちイイ
走るって楽しい
筋肉が躍動する
走る走る
どこまでも行けそうだな
ジャーンプ!
トリミング.jpg

アレ? 
君はだぁれ?

cinnamon desu.
yoroshiku ne.
miruku-kun te iuno?
atama ni ring wo nosete agerune.

ボクはどうしたの?

sakki butukacchattandayo.
kuruma ni.


ふぅぅぅん。。。

アメリカに留学してる娘さんが
お別れするために
急いで帰国したんだよね
間に合ってヨカッタね

シナモン達とゆっくり
再会を待とうね!

ミルク君 おやすミルク
のぶちゃん ミルク.jpg







見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村










posted by 老犬シナモン at 01:32| Comment(3) | お絵描きサロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

飛んで無視して眺めてツイスト

コスモス.タイトル.jpg


ごきげんよう! 母さんです


駅前の高層マンションのあたりは
いつも風が強い
おデコ丸出しになって
その風に向かって歩いてると
思い出した

シナモンは生涯で2度
宙を浮いたよねと・・

彼女は2年かけて2kgに成長し
晩年は2.7kgの小柄なトイプーでした

彼女が生まれて初めて
風速20m以上の日に
お散歩にでかけたとき

小さな身体で
果敢に風に向かって
前進していた

その時交差点で
一瞬強いつむじ風が起きた
すると
あららぁ
お正月の凧揚げみたい
浮いた.jpg

シナモンは
そんな自然のいたずらにも
表情変えずに
着地してお散歩を
継続していたね

犬見知りのビビリイなシナモンだけど
自然の出来事には平気な顔なのねぇ
と思ったのを思い出した

強風には浮き上がり
雷の爆音は無視
母さんの抱っこで大雪を眺め
6年前の大地震のときは
ツイストを踊ってるみたいだった
あの日2.jpg

母さんは自然や地球の変化に
不安を感じても
シナモンが平気な顔してるから
大丈夫だナと楽観して落ち着いていられた

ドッカーン.jpg

シナモンはシナモンで
母さんが落ち着いているから
大丈夫だもん!と
強風に飛んで 
雷を無視して
雪を眺めて 
地震にツイストだったんだね
しろっ.jpg

母さんはシナモンと
支え合っていたね。。。



見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村








posted by 老犬シナモン at 19:54| Comment(2) | 思い出話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

満月の夜のヨモヤマ話しアラカルト

コスモス.タイトル.jpg

ごきげんよう! 母さんです


あのね

春頃 ある出版社の絵本のコンテストに
応募してミゴト撃沈したのですが

今頃になってその出版社から
先日電話がきたのですよ

それはその出版社と共同出資ですが
絵本を出しませんか?の
お誘いでした

半自費出版ですよね
電話の向こうの編集者さんは
感じの良い女性で
丹念にわたしの作品の感想を
言ってくださって
それはそれでうれしかったですぅ

かつて電子書籍を出そうかなと
このブログで
アンケートまで取ったのに
その後シナモンの容態が急変して
天使になりやがりましたもんでぇ
そのまま頓挫しましたねぇ

後で思えば電子書籍じゃ
ブログ見てるのと
同じだもんねぇ
と思ったりしてぇ

やはり紙の絵本はあこがれですが
半分出版社持ちと言っても
私にとっては多額な金額

なので妄想絵本ですわぁ。。。
まっ イイか

シナモンがいなくなって
しばらく経ちまして

お約束通り
ペットロスのシナモンロス
その前に母ロス父ロスにも
なりまして
ロスロスロスのてんこ盛りで
感情のコントロールが
できない日々もありました

さらに同時期
パンダの反撃に合い玉砕
(詳しくは裏カテゴリのどこかに)

あの頃はよく言う
負の連鎖っていうんですか?
(遠い目)
さすがに
オーマイガッで
ブッタマゲましたね

まぁ 少々長く生きてますと
色々ありますぁね

最近は起こることに
お次はこう来たかと
半ば他人事のように
なってまいります

不安や恐れの感情も
慣れたらそれがアタリマエに
なってくるもんですぁね

せいぜい自分のケツは
自分で拭きますワ

瞑想も次第に板につき
目を閉じて深い呼吸から
胎息へ(胎児のような呼吸)

身体の各部の力を抜き
しばらくたたずみ
意識をアッチに集中

すると妄想世界では
ワンコ達がワラワラと
集まりまして
その中にシナモンを発見すると
その日の絵の構想が
ふわっと浮かぶのでアリマス

今宵は満月
東京は雨です
雨雲の上ではきっとこんな感じ?
まぶしいね.jpg

kaasan tottemo
mabushii yo
telepathy de okurune!
あらま ありがとう
うんうん なんかまぶしい感じぃ〜
うれしいわぁ

kaasan anone
ほいほい なんじゃらほい
attino sekai wa tanoshii yo
あぁ それはヨカッタ
dakara kaasan mo
tanoshiku ikite hoshii.
そっかぁ シナモンありがとネ
うるっ。。。



見てくださってありがとう
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村








posted by 老犬シナモン at 20:38| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

蜘蛛の巣みたいな網みたいなもんが

2017ハロウィン.jpg

ごきげんよう! 母さんです

アノネ カアサン
カアサン ハ ミエナイダロウカラ
トクベツニ オシエテ アゲルネ

シナチャン アッチ ニ
イッテミテ ワカッタンダ
あのね.jpg

アノネ
カアサン ノ アタマカラ
クモノス ミタイナノガ
デテルンダヨ

シナチャン ノ アタマカラ モ
デテルンダヨ

バアチャン ノ アタマカラ モ
デテタヨ

ソノ クモノス ミタイノハネ
カアサン ノト 
シナチャン ノト
バアチャン ノハ
カラミアッテ 
ツナガッテルンダヨ

ソレハネ モット
イロンナ ヒト トモ
ツナガッテ イタヨ

ホントダヨ

サイショ シナチャン
コレガ ナンダカ
ワカラナカッタヨ 

ソシタラネ カアサン ガ
「シナモン シナモン」ッテ
ナキナガラ ヨンデル コエ ガ

ソノ クモノス ミタイナノ カラ
キコエタンダヨ

ソシタラネ バアチャン ガ
「コレハ アッチ ト コッチ ヲ
ツナグ デンワセン ダヨ」ッテ
オシエテ クレタノ

デンワセン ッテ ナニ?

アノネ 
カアサン ガ 「シナモン」ッテ
ヨブノ ガ ワカルンダヨ

ダカラ イツモ スグニ
アッチカラ クモニ ノッテ
キテルンダヨ

バアチャン ノ コエ モ
キコエルトキ アルデショ?
アレ ホントニ カアサン ニ
ハナシテルンダヨ

オカイモノ シテルトキ
モモ ニ シヨウカ
リンゴ ニ シヨウカ
カアサン マヨッタ トキ
「モモ タベナサイ
アナタ モモ 
スキダッタデショ」ッテ
キコエタデショ?

コノアイダ モ

イツモ ヨリ 
タカイ オトウフ
ミナガラ カアサン
オイシソウダナ 
ドウシヨウカナ?ッテ
マヨッテタ トキ
「カイナサイヨ」ッテ
キコエタデショ?

ソレデ カッテ タベタラ
マメ ノ カオリガシテ
ヤッパリ オイシカッタデショ

タベナガラ 
ママ ハ ヒヤヤッコ
スキダッタナ ッテ
オモッタデショ?

バアチャン 
「カツオブシ モット ノセテチョーダイ」
ッテ イッタラ
「アノコ チャント ノセテクレタワ」
ッテ ヨロコンデタヨ
ソノトキ
モウチョット カケヨウカナ?ッテ
カアサン カツオブシ ヲ
モット ノセテタデショ?

バアチャン
「ウン ウン」ッテ
イッテ ワラッテタヨ

ゼンブ アタマカラ 
クモノス ミタイナ
アミミタイナ モノガデテテ
アッチ モ コッチ モ
イキテル ヒト ドウシ モ
ツナガッテルンダヨ

チキュウ ノ ウラガワ マデモ
ツナガッテルンダヨ
蜘蛛の巣.jpg

へぇ〜
そう言えば 母が言ってたっけ
まだ父と母が新婚のとき
夜寝てたら
おばあちゃんが
(父の母で私の祖母ね)
お腹痛いって苦しんでる夢見て

ハッと目が覚めて
父を起こして
変な夢見ちゃったって
話してると

ドンドンドンと
玄関のドアを叩く音に
驚いて

こんな夜中に誰だろう?と
出てみると
祖母と同居してた父の妹
(私の叔母ね)が
血相変えて
タクシー飛ばして来て

「お母さんがお腹おさえて
痛い!痛い!っていうから
病院に運んだのよ」って
(当時昭和の20年代だから
電話がなかったのよね)

それって虫の知らせでしょ
虫の知らせって
その虫は蜘蛛なのかっ!

いやいや わからないけど
祖母が発した痛い!痛い!が
蜘蛛の巣みたいな網みたいのを
伝って母に届いたんだよね

母は子供の時から勘がよく
晩年まで不思議さんだったから
そんなこと よくあったよね

ほら あの人どうしてるいるかしら?
とフト思うと
その人から電話やメールが来たり
道でバッタリなんてことも
あるじゃない?

思ったことって
発した思いって伝わるのは
わかっていたけれど

そっかぁ
蜘蛛の巣みたいな網目みたいなのが
出ていて
アッチとコッチ
ソッチやムコウと
地上にもお空にも
縦横無尽に張り巡らされてるように
繋がっているんだね

そうか そうか
そーゆーもんだったのかぁ

・・・と
台風の大雨の夜に
夢でシナモンが言ってたような
気のせいのような・・



ヒエ〜
ここまで書いた時点で
「あ そうだ ノブちゃん
〇〇はどうするんだっけ?」と
メールを確認しようとしたトタン
従弟のノブちゃんからメール着信

ノブちゃんが私を思いながら
メールしたから
私が 「あ そぉだ」と
ピピっときて
従弟のノブちゃんの用事を
思い出して
メール確認したってことだね

すごいなぁ。。。

そっか だからそれは
蜘蛛の巣みたいなもんが
繋がってるからなんだね?
シナモンっ




見てくださってありがとう
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村







posted by 老犬シナモン at 01:00| Comment(3) | アッチの様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする