2017年11月09日

おやすミルク

コスモス.タイトル.jpg


ごきげんよう! 母さんです


白いワンコさんを描かせていただきました
ミックスさんのミルク君です

今はシナモンと同じ所にいます
長野県の自然豊かな町で
気ままに暮らしていました

気まま過ぎた?
自由すぎた?
お父さんが見てないときに
おウチを飛び出しちゃった

走るって気持ちイイ
走るって楽しい
筋肉が躍動する
走る走る
どこまでも行けそうだな
ジャーンプ!
トリミング.jpg

アレ? 
君はだぁれ?

cinnamon desu.
yoroshiku ne.
miruku-kun te iuno?
atama ni ring wo nosete agerune.

ボクはどうしたの?

sakki butukacchattandayo.
kuruma ni.


ふぅぅぅん。。。

アメリカに留学してる娘さんが
お別れするために
急いで帰国したんだよね
間に合ってヨカッタね

シナモン達とゆっくり
再会を待とうね!

ミルク君 おやすミルク
のぶちゃん ミルク.jpg







見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村










posted by 老犬シナモン at 01:32| Comment(3) | お絵描きサロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

飛んで無視して眺めてツイスト

コスモス.タイトル.jpg


ごきげんよう! 母さんです


駅前の高層マンションのあたりは
いつも風が強い
おデコ丸出しになって
その風に向かって歩いてると
思い出した

シナモンは生涯で2度
宙を浮いたよねと・・

彼女は2年かけて2kgに成長し
晩年は2.7kgの小柄なトイプーでした

彼女が生まれて初めて
風速20m以上の日に
お散歩にでかけたとき

小さな身体で
果敢に風に向かって
前進していた

その時交差点で
一瞬強いつむじ風が起きた
すると
あららぁ
お正月の凧揚げみたい
浮いた.jpg

シナモンは
そんな自然のいたずらにも
表情変えずに
着地してお散歩を
継続していたね

犬見知りのビビリイなシナモンだけど
自然の出来事には平気な顔なのねぇ
と思ったのを思い出した

強風には浮き上がり
雷の爆音は無視
母さんの抱っこで大雪を眺め
6年前の大地震のときは
ツイストを踊ってるみたいだった
あの日2.jpg

母さんは自然や地球の変化に
不安を感じても
シナモンが平気な顔してるから
大丈夫だナと楽観して落ち着いていられた

ドッカーン.jpg

シナモンはシナモンで
母さんが落ち着いているから
大丈夫だもん!と
強風に飛んで 
雷を無視して
雪を眺めて 
地震にツイストだったんだね
しろっ.jpg

母さんはシナモンと
支え合っていたね。。。



見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村








posted by 老犬シナモン at 19:54| Comment(2) | 思い出話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

満月の夜のヨモヤマ話しアラカルト

コスモス.タイトル.jpg

ごきげんよう! 母さんです


あのね

春頃 ある出版社の絵本のコンテストに
応募してミゴト撃沈したのですが

今頃になってその出版社から
先日電話がきたのですよ

それはその出版社と共同出資ですが
絵本を出しませんか?の
お誘いでした

半自費出版ですよね
電話の向こうの編集者さんは
感じの良い女性で
丹念にわたしの作品の感想を
言ってくださって
それはそれでうれしかったですぅ

かつて電子書籍を出そうかなと
このブログで
アンケートまで取ったのに
その後シナモンの容態が急変して
天使になりやがりましたもんでぇ
そのまま頓挫しましたねぇ

後で思えば電子書籍じゃ
ブログ見てるのと
同じだもんねぇ
と思ったりしてぇ

やはり紙の絵本はあこがれですが
半分出版社持ちと言っても
私にとっては多額な金額

なので妄想絵本ですわぁ。。。
まっ イイか

シナモンがいなくなって
しばらく経ちまして

お約束通り
ペットロスのシナモンロス
その前に母ロス父ロスにも
なりまして
ロスロスロスのてんこ盛りで
感情のコントロールが
できない日々もありました

さらに同時期
パンダの反撃に合い玉砕
(詳しくは裏カテゴリのどこかに)

あの頃はよく言う
負の連鎖っていうんですか?
(遠い目)
さすがに
オーマイガッで
ブッタマゲましたね

まぁ 少々長く生きてますと
色々ありますぁね

最近は起こることに
お次はこう来たかと
半ば他人事のように
なってまいります

不安や恐れの感情も
慣れたらそれがアタリマエに
なってくるもんですぁね

せいぜい自分のケツは
自分で拭きますワ

瞑想も次第に板につき
目を閉じて深い呼吸から
胎息へ(胎児のような呼吸)

身体の各部の力を抜き
しばらくたたずみ
意識をアッチに集中

すると妄想世界では
ワンコ達がワラワラと
集まりまして
その中にシナモンを発見すると
その日の絵の構想が
ふわっと浮かぶのでアリマス

今宵は満月
東京は雨です
雨雲の上ではきっとこんな感じ?
まぶしいね.jpg

kaasan tottemo
mabushii yo
telepathy de okurune!
あらま ありがとう
うんうん なんかまぶしい感じぃ〜
うれしいわぁ

kaasan anone
ほいほい なんじゃらほい
attino sekai wa tanoshii yo
あぁ それはヨカッタ
dakara kaasan mo
tanoshiku ikite hoshii.
そっかぁ シナモンありがとネ
うるっ。。。



見てくださってありがとう
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村








posted by 老犬シナモン at 20:38| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

蜘蛛の巣みたいな網みたいなもんが

2017ハロウィン.jpg

ごきげんよう! 母さんです

アノネ カアサン
カアサン ハ ミエナイダロウカラ
トクベツニ オシエテ アゲルネ

シナチャン アッチ ニ
イッテミテ ワカッタンダ
あのね.jpg

アノネ
カアサン ノ アタマカラ
クモノス ミタイナノガ
デテルンダヨ

シナチャン ノ アタマカラ モ
デテルンダヨ

バアチャン ノ アタマカラ モ
デテタヨ

ソノ クモノス ミタイノハネ
カアサン ノト 
シナチャン ノト
バアチャン ノハ
カラミアッテ 
ツナガッテルンダヨ

ソレハネ モット
イロンナ ヒト トモ
ツナガッテ イタヨ

ホントダヨ

サイショ シナチャン
コレガ ナンダカ
ワカラナカッタヨ 

ソシタラネ カアサン ガ
「シナモン シナモン」ッテ
ナキナガラ ヨンデル コエ ガ

ソノ クモノス ミタイナノ カラ
キコエタンダヨ

ソシタラネ バアチャン ガ
「コレハ アッチ ト コッチ ヲ
ツナグ デンワセン ダヨ」ッテ
オシエテ クレタノ

デンワセン ッテ ナニ?

アノネ 
カアサン ガ 「シナモン」ッテ
ヨブノ ガ ワカルンダヨ

ダカラ イツモ スグニ
アッチカラ クモニ ノッテ
キテルンダヨ

バアチャン ノ コエ モ
キコエルトキ アルデショ?
アレ ホントニ カアサン ニ
ハナシテルンダヨ

オカイモノ シテルトキ
モモ ニ シヨウカ
リンゴ ニ シヨウカ
カアサン マヨッタ トキ
「モモ タベナサイ
アナタ モモ 
スキダッタデショ」ッテ
キコエタデショ?

コノアイダ モ

イツモ ヨリ 
タカイ オトウフ
ミナガラ カアサン
オイシソウダナ 
ドウシヨウカナ?ッテ
マヨッテタ トキ
「カイナサイヨ」ッテ
キコエタデショ?

ソレデ カッテ タベタラ
マメ ノ カオリガシテ
ヤッパリ オイシカッタデショ

タベナガラ 
ママ ハ ヒヤヤッコ
スキダッタナ ッテ
オモッタデショ?

バアチャン 
「カツオブシ モット ノセテチョーダイ」
ッテ イッタラ
「アノコ チャント ノセテクレタワ」
ッテ ヨロコンデタヨ
ソノトキ
モウチョット カケヨウカナ?ッテ
カアサン カツオブシ ヲ
モット ノセテタデショ?

バアチャン
「ウン ウン」ッテ
イッテ ワラッテタヨ

ゼンブ アタマカラ 
クモノス ミタイナ
アミミタイナ モノガデテテ
アッチ モ コッチ モ
イキテル ヒト ドウシ モ
ツナガッテルンダヨ

チキュウ ノ ウラガワ マデモ
ツナガッテルンダヨ
蜘蛛の巣.jpg

へぇ〜
そう言えば 母が言ってたっけ
まだ父と母が新婚のとき
夜寝てたら
おばあちゃんが
(父の母で私の祖母ね)
お腹痛いって苦しんでる夢見て

ハッと目が覚めて
父を起こして
変な夢見ちゃったって
話してると

ドンドンドンと
玄関のドアを叩く音に
驚いて

こんな夜中に誰だろう?と
出てみると
祖母と同居してた父の妹
(私の叔母ね)が
血相変えて
タクシー飛ばして来て

「お母さんがお腹おさえて
痛い!痛い!っていうから
病院に運んだのよ」って
(当時昭和の20年代だから
電話がなかったのよね)

それって虫の知らせでしょ
虫の知らせって
その虫は蜘蛛なのかっ!

いやいや わからないけど
祖母が発した痛い!痛い!が
蜘蛛の巣みたいな網みたいのを
伝って母に届いたんだよね

母は子供の時から勘がよく
晩年まで不思議さんだったから
そんなこと よくあったよね

ほら あの人どうしてるいるかしら?
とフト思うと
その人から電話やメールが来たり
道でバッタリなんてことも
あるじゃない?

思ったことって
発した思いって伝わるのは
わかっていたけれど

そっかぁ
蜘蛛の巣みたいな網目みたいなのが
出ていて
アッチとコッチ
ソッチやムコウと
地上にもお空にも
縦横無尽に張り巡らされてるように
繋がっているんだね

そうか そうか
そーゆーもんだったのかぁ

・・・と
台風の大雨の夜に
夢でシナモンが言ってたような
気のせいのような・・



ヒエ〜
ここまで書いた時点で
「あ そうだ ノブちゃん
〇〇はどうするんだっけ?」と
メールを確認しようとしたトタン
従弟のノブちゃんからメール着信

ノブちゃんが私を思いながら
メールしたから
私が 「あ そぉだ」と
ピピっときて
従弟のノブちゃんの用事を
思い出して
メール確認したってことだね

すごいなぁ。。。

そっか だからそれは
蜘蛛の巣みたいなもんが
繋がってるからなんだね?
シナモンっ




見てくださってありがとう
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村







posted by 老犬シナモン at 01:00| Comment(3) | アッチの様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

いるのにねぇ。。。

2017ハロウィン.jpg

ごきげんよう! 母さんです


犬友さんの
黒柴アル君のお父さんとの立ち話し

「イヤァ〜この間ね
 なんとも言えない光景を
 見ちゃったんですよぉ」

「ふんふん」

「いつも テリアと一緒に
 お散歩してた男性がね
 束ねたリードを持って
 歩いていたんですよ

 それを見て
 あぁ あのテリアは
 亡くなってしまったんだなぁ・・
 って思いましたよぉ
 その姿がなんとも切なくてねぇ・・」

「あぁぁぁぁ・・・」

いるのにね.jpg

黒柴アル君のお父さんは
将来の自分の姿を
テリアの男性とだぶらせて
見ちゃったんだねぇ



見てくださってありがとう
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村








posted by 老犬シナモン at 00:32| Comment(4) | ペットロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

虹の橋の瞑想の日

2017ハロウィン.jpg

ごきげんよう! 母さんです


ぶらんこ.jpg

anone
kyou wane nijino hashi no
meisou no hi nandayo!

ふぅ〜ん 

虹の橋の瞑想の日だったのね?

dakara minnade inorimashita
nokoshite kita kazoku no tameni.

見てる.jpg

あぁ〜

うれすぃ〜ありがとうねぇ

母さんも娑婆から愛を送るよ!

愛してる!


コッチからアッチは見えないけれど

アッチからコッチのことは

見えるんだって

コッチからもアッチが見えると

いいのにねぇ。。。


見てくださってありがとう
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村










posted by 老犬シナモン at 23:47| Comment(8) | アッチの様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

生きてる頃からペットロス

2017ハロウィン.jpg

ごきげんよう! 母さんです


考えてみたら

シナモンがまだこの世にいるときから

ペットロスだった


晩年シナモンの介護をしながら

頭の端っこには

常に「死」という単語が

あったものね


彼女がいなくなった時のことを

想像するとコッパミジンに

なりそうだった

だからどんなに介護で疲れても

それでも生きてる証拠!と

むしろ頑張ることができたわね


後ろ足が立たなくなって

おトイレを失敗しても

チッチが出てヨカッタネ

うんうん 生きてる証拠

シナモンの腎臓は働いてくれている


シナモンは昼間は寝たきりで

夜になるとナゼか元気が出てきて

徘徊が始まって

寝かせてもらえなくても

お散歩ができてヨカッタネ

うんうん 生きてる証拠

夜の徘徊.jpg


徘徊すると小腹がすくのか

なんか食べたい!とささやくシナモン

(長年一緒にいるとテレパシーでわかるのよ)

ささみ.jpg

すると冷蔵庫から

茹でたササミを取り出し

ぬるい温度にレンチンして

やわらかく香りを立たせて

あげてたもんね

その時は

「徘徊のあとのササミはおいしいよね!」

なんてちょいとイヤミったらしく

言ったっけ

うんうん 小腹がすくのも

生きてる証拠


食べたら今度はウンチョスか

そこでまた後ろ足に力が入らないから

踏ん張るポーズが不安定

なので母さんはシナモンの腰を持って

介助したよね


そんなこんなしてるうちに

スズメがチュンチュンと鳴きだした

なんてこともアタリマエの毎日だった


「死」を意識してるから

近い将来シナモンは

いなくなってしまうという

逃げられない未来を知ってるから

生きてる証拠!と

その時の今を味わい噛みしめて

いたっけね


シナモンの介護の期間

同時に私は父ロス母ロスで

さらには長年連れ添った

パートナー関連のスッタモンダで

疲弊する毎日

それでさらに老犬介護か!というよりは

今思い出すとシナモンの介護が

毎日のハリにさえなっていた


シナモンの抱っこした重み

人より2度ほど高い体温 

ホワホワカールの毛

ペロンペロンしたお耳

ポチっと黒い鼻とおメメ

プニプニの肉球

ウンチョスのニオイ

抱き寄せていつもの

ハグハグむぎゅぅで

頬ずりしたときの

ホッペタに受ける感触

五感全部を使ってシナモンを

感じていたっけね


そんなシナモンがいなくなって

お約束通りにシナモンロス

言葉に表現できないほどの

喪失感。。。


それじゃぁ 

犬と暮らさない方がよかった?

もちろん NO!

ぽっかり.jpg

ドカンと開いた穴が

小さくなって来た時に

ありがとうネ!と

言葉が浮かんでくるもんだ

それでも涙は出るケレド。。。

ごほごほ.jpg


やくそく.jpg

とお芝居っぽく〆てみた

アハハ。。。






見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村











posted by 老犬シナモン at 20:04| Comment(4) | ペットロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

タマタマをコロコロもみもみ

2017ハロウィン.jpg

ごきげんよう! 母さんです


昼間 窓を開けていると

気持ちがイイ

風とまではいかないような

空気の動きを肌に感じる

よくこんな寝顔を眺めていたっけな

キュぅ〜ん.jpg

IMG_20171005_212741.jpg

シナモンのホワホワのタマタマです

IMG_20150812_161518.jpg

クリクリのホワホワをブラッシングして

とれた毛を集めて

タマタマに丸めてたのね


シナモンにさわりたくなったときに

大きめのタマタマを

ころころモミモミしていたら

こんなんなっちゃった

IMG_20170709_025134 (1).jpg

あら ぶちゃいくだこと

ふふふ

かわゆい。。。





見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村









posted by 老犬シナモン at 21:57| Comment(2) | ペットロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

どっちがクサイ?

月光浴.jpgタイトル.jpg

ごきげんよう! 母さんです



天現寺の交差点あたりの

街路樹のイチョウの木の下を歩いていると

ギンナンの実が落ちていました


人に踏まれてつぶれています

あたりはクサイ クサイ

その臭いでもう秋なんだなぁって

感じる瞬間です


その臭いはシナモンのウンチョスと

どっちがクサイ?

ぎんなん.jpg
ねぇ?

沖縄にはイチョウの木は

ないんだって

よく神社の鳥居のそばに

大きなイチョウの木があるじゃない?

それが沖縄ではヤシの木なんだって

ふぅ〜んだね


見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村









posted by 老犬シナモン at 18:50| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

立ち話し

月光浴.jpgタイトル.jpg

ごきげんよう! 母さんです


電車の時間がせまっていて

小走りで駅へ向かう道すがら

犬友さんとすれ違った

「こんちわぁ〜」

「あらぁ」

「ナッちゃん どうしてるぅ?」

「えー?もう随分前にぃ。。。」

「ウソッ!まじぃ?」


ゆっくり話を聞くことができなくて

気になっていたのが3日前

そして今日

花壇に水まきしていたら

水まき.jpg

ナッちゃんチのお兄ちゃんだった

「ねぇねぇ ナッちゃんのことママから聞いたよぉ」

「そうなんですよぉ」

お兄ちゃん上向き加減の遠い目

「私も最近パタパタして なかなかママと

 お会いできなくて知らなかったのぉ

 ごめんねぇ」


そこでお兄ちゃんと立ち話が始まった

「いつ?」

「4月くらいッスかねぇ

 いやぁ・・しばらくボクもね

 きつかったッスよ

 ナツが居るのがあたりまえで

 空気のような存在でしたからね

 それがいなくなってしまったら

 苦しいんですよね・・・(うつむく)


 あの感じは特別だったなぁ

 半年が過ぎて

 だいぶ落ち着きましたけどね


 いつも帰宅して

 リビングのドアを開けた右の方に

 ナツがいたんだよね

 だからしばらくはいつものように

 右を見ちゃうんだよ

 でも居ない

 それで 

 アッいないんだよね・・って思う

 それを繰り返していたんだぁ


 子供の頃から 

 ラブラドールレトリーバーとか

 チワワとかいたんだけど

 ボクが二十歳の時にナツが来て

 ちゃんとめんどうをみたのはナツが

 初めてだったんだよね

 って言ってもやっぱりほとんどオカンが

 育てたケド・・(苦笑い)


 もちろん犬の方が寿命は短いって

 わかってたんだけど。。。

 わかってたけど わかってたけどぉ

 こんなにひきずって

 つらいんだぁって・・


 友達と飲んでるときに

 オカンから電話きて

 ナツが・・

 って聞いてスグ帰ったったんだよね


 見るとナツは寝てるんだよ

 でも死んでるんだよ

 同じ寝てるのに 

 生きてて寝てるのと

 死んで寝てるのは

 やっぱり違うんだナって

 見ててわかったよ


 オレさすがに泣きましたよ

 こんなにつらいもんだとは思わなかった


 だからねぇ 

 ナツの骨をいつも持ち歩いてるんだぁ

 ばぁちゃんの骨も持ってるよ

 いつも ナツとばぁちゃんに

 守ってもらってるんだぁ」

と遺骨を納めて持ち歩けるような容器の

キーホルダーを見せてもらった


ねぇ シナモン!

母さんもあなたの骨を

ロケットペンダントに入れて

お出かけする時には

「シナモンお散歩行くよー!」って言って

つけて出かけるもんね

みんな同じだねぇ

大笑い.jpg

そしてお兄ちゃんはさらに

近況を話してくれたヨ

「ボクさぁ趣味が多いんだよね

 映画も観たいし音楽も好きだし

 色んなことしたいんだよね

 ひとりで居る時間てボクには必要で

 そうするとさぁ

 彼女がいても

 別々に過ごすことが多くなって

 それで仕事だってあるじゃん・・

 だから結婚はいつになることやら」

なるほどぉ 

きっと家族や彼女に

せっつかれているんだね

ナッちゃんが来たときが20歳で

ナッちゃんが亡くなったのが15歳

ってことはお兄ちゃんは・・・

ふむふむ そっかそかあぁ。。。


ナツちゃんとシナモンが居た頃の
エピソード→

ナッちゃんもシナモンも

シアワセなワンコでした


更新できなくても
いつもポチしてくださる方が
いらしてうれしかったデス

見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村









posted by 老犬シナモン at 00:04| Comment(2) | ペットロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする