2017年08月10日

Kirei Kirei

赤 タイトル.jpg

ごきげんよう! 母さんです


前回のシナモンのお誕生日の記事で

ご常連の読者様より

シナモンにプレゼントをいただきました

ふう様よりひまわりのおリボン

のんこ様よりピンクのリップとチーク


シナモン

おめかししてごらんヨ

きれい?.jpg


あぁ・・・残念

悪くないんだけどねぇ

なんか違うようねぇ


母さんお手伝いしてあげられないから

お友達に手伝ってもらって

もう一回キレイキレイしてごらんよ

きれいきれい.jpg

さてと

どぉ? できたぁ?

シナモンちゃん.jpg

ぷっ

まぁ いっかぁ

きれいきれい

乙女だわぁ〜

母さんはこんなにかわゆいシナモンの

親になれてしあわせヨ

ふふ

ふふふ。。。





見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村













posted by 老犬シナモン at 19:48| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

8月3日かぁ。。。

赤 タイトル.jpg

ごきげんよう! 母さんです


シナモンっ

シ・ナ・モ・ン!

なに?.jpg


ぷい.jpg

ちょっとー

母さんが呼んでるのに

聴こえないのー?

ゆめ.jpg


そおか

そーだったねぇ

そおだ!

シナモンお誕生日おめでとう!

うんうん 18歳だねぇ(生きてれば)

愛してるヨ。。。





見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村













posted by 老犬シナモン at 23:56| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

脳梗塞からの復活

タイトル ジャンプ.jpg


ごきげんよう! 母さんです


お正月が過ぎたころ

シナモンのお友達の

コーギーのあずちゃん(10歳)が

脳梗塞で倒れた

のけぞるように痙攣し泡をふき

見てられないほどの発作が3回起こり

涙を浮かべて飼い主さんは

怖かったと話す


桜が散るころ

やっと外に出られるようになったあずちゃんと

母さんは再会したとき

こんな様子だった

ぼーっ.jpg

目があさっての方向を見て

足がアッチャコッチャになっちゃってる


痩せたねぇ

何度もダイエットに挑戦しながら

飼い主さんの目を盗んでは

お弁当用のちくわを食べちゃったり

バターをなめきってしまったり

豊満ボディーの維持に

余念がなかったあずちゃん


その蓄えられたエネルギーは

このときの体力保持のためだったんだねぇ
(ホンマかいな)

ひとまわりもふたまわりも

小ぶりになりながら

ポヤンとした表情が

戦いのあとのボクサーのようだったわ


さて最近の様子はどうでしょう

同居犬のチャコちゃんと

また一緒にお散歩できるようにまで

復活

あずちゃん.jpg

すごいねぇ

母さんのことを見つけると

「あっ シナママさんだ!」と

認識できるようになっている

うれしいなぁ うれしいなぁ

ねぇ シナモン

しな.jpg

入国リストに?

あぁ そういうことなのね

なるほど なるほど。。。



見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
















posted by 老犬シナモン at 16:08| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

飼い主の帰宅がわかる犬の不思議

タイトル ジャンプ.jpg

ごきげんよう! 母さんです


飼い主さんがそろそろ帰って来る時刻になると

さっきまで寝ていたと思ったら

スックと起き上がって玄関へ向かい

玄関マットの上で

ドアを凝視している犬の姿は 

犬と暮らしている(いた)人にとって

不思議っちゃぁ不思議だけど

まぁアタリマエな光景ですよねぇ


あれって音でわかるんですかねぇ?

それとも匂いですかねぇ?


例えば車の場合 家の前を普通に色んな車が

通り過ぎるのだけど

パパの車がもどってくると

玄関に走っていくとか


徒歩でも 

犬が玄関に移動してしばらくすると

パパが帰ってくるとか

その時間を逆算すると駅に着いたころから

もう犬はパパの帰宅をわかっていることに

なるんだなぁ・・とただスゴイなんですねぇ


車の場合エンジン音を聞き分けているのか

排気のニオイをかぎ分けているのか


徒歩の場合 靴の音なのか

駅に降り立ったパパの匂いを

感知できているのか


あ ここに答えはないですよ

わからないままですからね

わかるパパもいませんけど・・・えっ?


そこでシナモンの場合

それはあきらかに音ではなかった

というお話し


母さんがお風呂に入っているとき

彼女は足ふきマットの上で

母さんが出て来るのを待つということを

自分で決めていた
おふろ当番.jpg

母さんが湯船で居眠りするとシナモンは

お風呂場のドアを手でカリカリ

ひっかいて起こしてくれたね


冬は寒いので

待つシナモン用に

温風のヒーターを置いて

お待ちいただきましたね


老犬になると

母さんの長風呂に付き合うのが

しんどくなったのか

その「待つ」仕事は

ちょこっとズルして

母さんが出るのを見計らって

足ふきマットへ移動してたね


そうするためには

リビングのドアを開けといて

脱衣室のドアも開けとかないといけない

夏はイイけど 冬は寒い

でも シナモンにお待ちいただくために

母さんはヒーターで対応したというワケ


このときなんでシナモンは

出るタイミングがわかるんだろう?と

不思議だった

まぁ 浴槽にフタを置く音で

わかるんだろうな・・・だったけど


さらに老犬になると

シナモンの聴覚は機能しなくなり

音に全く反応しなかったのね


でもぉ ズルいシナモンは

相変らず母さんが

そろそろお風呂から出るヨ

というタイミングで足ふきマットに乗っかった


お風呂に入ってんのに

なんで母さんは

シナモンがタイミングを

見計らって来たということがわかったの?

それは半透明のお風呂場のドアに

シナモンのシルエットが浮かぶから

風呂.jpg

ってことはヨ

音じゃないね


じゃぁ ニオイ?

石鹸のニオイ?

それはその時々で花王になったり

ラックスになったり

ボディーソープだったりだよ


じゃあ 百発百中のヤマカン?

ね?

わからないパパでしょ? 

わからないままでしょ?


わかるよね.jpg





見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村















posted by 老犬シナモン at 22:33| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

シナモンの元彼くん

三日月 タイトル.jpg

ごきげんよう! 母さんです


えぇとぉ

シナモンの元彼って?

まず コレを読んでいただけますかぁ?
    ↓
しょうがないナ読んであげるかとクリックする

読んでいただけました?

しみじみするでしょ?


ひと月前に クレアの父ちゃんの

親分さんが亡くなった

77歳になる3日前だった


「クレアがいるうちは 死ねねぇ」と

言っていた父ちゃんだった

心臓も腎臓も肝臓も悲鳴をあげて

入退院を繰り返したけれど

ついに逝っちゃった


クレアは親分さんの彼女さんに

引き取られて 今も手厚く

お世話してもらってる


親分さんが入院してるとき

私は 父母のことや 

パンダ(シナモンのパパ)のことで
(知らない方は裏カテゴリいっき読みね)

余裕がなく元気なく

親分とクレアはどうしているかな?と

やっと気がまわり電話したのが4月末

その携帯に息子さんが出られて

入院を知った


それからしばらくしたある夜

用事を思い出して

私は隣の町まで歩いていた


そんな折 彼女さんはいつもと違うコースを

歩いてみようと思い立ち

クレアを散歩させていた


そしてバッタリ会って 

親分さんの訃報を聞いた

私と彼女さんは夜の道端でクレアを撫でながら泣いた


この偶然は偶然でなく親分が導いてくれたと

と思っている


「クレアはねぇ 心臓が悪くて
 夏までもたないだろうと
 お医者さんに言われているのよ」
と彼女さんが言った

そのお医者さんはシナモンが最後まで

お世話になっていた先生だったね


それから2週間経った

「クレアはあれから また病状が悪化したみたいで
 夏が来る前に シナママさん クレアに
 会ってやってくれる?」

とメッセージが来た

もちろん!

いつも 親分と彼女さんと私と

クレアとシナモンとおしゃべりしてた

マックのいつものテラス席


「クレアはここまで歩けたの?」

「うううん 歩けないから自転車のカゴよ」

「そっかぁ」

クレア ぜーぜー.jpg


あぁ 息が荒いね

ハーハーしてお口が開いたままだぁ

肩で息してる感じだね

「クレアはねぇ 時々倒れて身もだえして
 苦しむのよ みてられないのねぇ」


あんなに 元気なコだったのにぃ。。。


心臓が悪いから薬を飲む

その薬は腎臓に負担がかかる

腎臓で処理しきれない水分が

肺に溜まる

だから利尿剤を使う

さらに症状は悪化

もうこれ以上利尿剤を増やすことができない

だから胸が苦しい

そして時々倒れる


クレアはお外での排泄が好き

家の中ではおむつをしている

それでも がまんしてがまんして

ギリギリになっておむつの中に

チッチをする

すると 「おばちゃん出ちゃったかも・・」と

報告しにくる

彼女さんは あいよあいよと

「がまんしないでイイんだよ」と

毎回 やさしく言う


ときどきクレアは気持ちが悪くなって

吐いてしまう

すると ごめんなさいという顔つきで

「おばちゃん 吐いちゃいました」

と報告に来る

彼女さんは あいよあいよ

「いいんだよ 気にしないで」と

毎回 やさしく言う


これがだんだん頻繁になってきた

「今朝もね ここに来る前に
 吐いちゃってね」

と彼女さんはうつむく

私は 人目もはばからず大泣き

クレア。。。

クレアとシナモン.jpg

それでも 男気の強いクレアは

目の前を通る雄犬にケンカを売ろうと

ソワソワして吠えようとする

白内障が進んだ目に力が入り

いどみかかろうとする

その姿を見て

血気盛んな頃の親分さんの武勇伝を思い出す

「家によぉ
 対立している組の若いのが
 何人も乱入してきてよぉ
 女房子供を押入れに隠して
 ウチの若い衆と大暴れヨ」

「えーっ それでどうしたの?」

「ウチん中メチャクチャでよ
 でも全部やっつけてやった
 アハハハ」


クレアは制止する彼女さんの膝の上で

ゼーゼーする

開いた口から垂れ下がる舌が

紫色だった

見てられなかった


心臓も腎臓も悪いなんて

父ちゃんと同じだね

親子だねぇ。。。


梅雨が明けて夏になると

気温が上がる


あぁ。。。


今日のクレアが最後になるんだろうか。。。

いやいや そんなこと考えちゃイケナイ

ちょっとでも1ミリでもそんなこと

考えちゃイケナイ


でも もしそうなるなら

神様 静かに逝かせてやってください


アッチで親分さんとクレアが

対面してるシーンが浮かんでしまった

あぁ

二人とも笑顔で幸せそう

抱きしめる.jpg


別れ際 私はクレアを抱きしめた

サヨ。。。思っちゃダメ 言っちゃダメ










見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

あらステキ















posted by 老犬シナモン at 19:22| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

弱い犬ほどよく吠える それは猫も人間もだった

三日月 タイトル.jpg

ごきげんよう! 母さんです


先日 我が家の庭で

戦いが起こり

それを母さんは部屋からこっそり

ほほぉ〜なるほどぉ・・と観戦していた


それは野良ネコ2匹のにらみ合いだった



左の猫は体勢を低めにかまえ

前のめりで穴があくほどの

強い目線で相手をにらみつけ

ときどきドスのきいた唸り声を発する


右の猫は額に汗をにじませ
(そんな風に見えたの)

腰が引け 

甲高い叫び声で

ギャーーッ ギャーーッ

口が裂けそうな顔で繰り返す

体勢決まらず横へそれたり

数歩あとずさりしたり


あぁ 右が負けるな

誰が見ても勝敗は決まっていた

弱い犬ほどよく吠えるというけれど

弱い猫もよく叫ぶんだな

と勉強になった メモメモ

ねこ.jpg


シナモンも弱っちかったケド

母さんがそばについていてくれるという安心感で

気が大きくなり

母さんにフレンドリーに挨拶する

犬友さんのかわゆいワンコさんに

気分はシェパードで吠えたっけ

わんわん.jpg

「シナちゃんだけの母さんなのYOーっ

 触っちゃダメーーっ

 わんわんわんわんわん」

虎の威を借る狐ならぬ

母の威を借るシナモンか!と

ぷっ と笑えたもんだった


弱いクセによく吠えるのは

弱いからよく吠えるんだね

それは犬だけでなく猫もそのようで

実は人間もそのようだ


人間は相手との意見の対立の場面で

痛いところを突かれると

カッと目を見開き血走り怒鳴る

屁理屈をコレデモカというほど

こねくりまわし

相手を人格否定し荒い言葉で脅迫する


自分は絶対に正しく相手はトコトン悪い

というゆるぎない信念に基づき 

反論されないように

相手の言いかけた言葉をさえぎり

恫喝する


・・・ってはぁあ?


その様子は滑稽に見えるほど

蒸気した赤い顔が痛々しい


見た目は立派に成長した大人でも

中身はオモチャを買ってもらえず

地べたに座り込んで

足をバタつかせてギャン泣きする幼児と

全く変わらない


強い犬は足を踏まれても

ウッと一瞬低い声をもらすだけで

動じない


こっちの人間が

「あぁ ごめんねごめんねぇ」と

まちがって踏んでしまった手を(足か)

さすってさすって許しを乞う

そんな時の犬は風格漂い

ライオンのごとく。。。


怖いから吠えるんだよね

身を守るために


吠える怒鳴るは

自分は弱いです

自分はヤバイんです

と言っているんだね


人間の場合は自覚があるんだかないんだか

大声を出して相手をコントロール


本当は弱い人には

優しくいたわり寄り添い助けたいよね

吠える あ イヤイヤ怒鳴る人間に対して

これはなかなかできない高度な対処法だわ


吠える怒鳴るは

かつて傷つき さらに傷つくのが

怖いんだよね

弱者は守りたいと思う

吠える犬対しては寛容になれるけど

怒鳴る人間に対しては如何ともしがたい


そんな体験を私はしたことがあるのを

思い出した


さて冒頭の猫の縄張り争いはどうなったかというと

当然右が負け左が勝利だった

勝った猫のドヤ顔といったら

どこぞの親分っぽくて

惚れたね


ところでその縄張りは

我が家のまさに猫の額ほど広さの庭


縄張りってなんだろね

地球は皆の地球でしょ

野良猫が来て庭を荒らされる

フンをされるから困ると

苦情を言うけれど

猫にしてみりゃ

そこは猫の生活圏内であって

我が家の庭ってナニ?

イミワカリマセンてことなのねぇ。。。






見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村





















posted by 老犬シナモン at 11:22| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

意識の向け方

三日月 タイトル.jpg

ごきげんよう! 母さんです


愛する人を愛するワンコを

亡くした経験のある人は

皆口をそろえて言う

「なんだか今もそばにいるような気がする」と

近い.jpg

皆が言うんだからいるんじゃないかしらん

母さんもいると思うヨ

見えないけど


ねぇ?

人の視線って感じたことあるでしょ?

ふっ と何かがまとわりつくような気がして

その方向へ目をやると

脂っぽい男子がコッチを見てた

なんてことない?

まぁこれは 

母さんのイニシエの記憶ですケド


その時の脂っぽい男子は

何か私に対しての感情を思いながら

私を見ていたのよね

視線.jpg

視線に乗ったその感情や思いが

まとわりついて私は違和感を感じ

その方向を見たということだわ

別に不思議なことでもないでしょ?

よくあるっちゃぁアルことだから

その視線って見えないけど

感じたのよねぇ


それが意識を飛ばすってことじゃなぁい?

どぉ?


では次

ひとつ実験してみましょうか?

自分の右足の親指に意識を向けてみて?

「私の右足の親指ぃ」って思うのよ

するとどぉ?

その親指がボワァ〜ンとするような感覚ない?

なんだか大きくさえなっているような感じね


これは意識を向けたら親指が反応したってことよ

気をそらすとそのボワァ〜ンは消えるでしょ?

おもしろいね


以前魂の重さは21gらしいヨっていう

お話ししたの覚えてる? コチラ


ではその魂に意識を向けてみようか?

脳内にその意識を向けた対象が

浮かんでこない?

それがアッチの存在に意識を向けるってことよ


じゃぁ その反対もあると思わない?

そぉ アッチの存在がコッチの私に

意識を向けるってこと


これってさっきの脂っぽい男子の視線と

同じ感覚よね


肉体は死んでも意識は残ると

信じている人が

死んでもまだそばにいるような気がするって

いうことを感じるんだと思う

どぉ?


脂っぽい男子の思いの乗った視線は

見えないけどアルって実感があるでしょ?


アッチの存在の意識も見えないヨ

でもあるって実感できる人は

大勢いるよね?

ないって言うより

うんうん あるよねって言った方が

楽しいと思わない?


私は 「うんうん あるよゼッタイ」だわ

あなたは どぉ?




見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村




















posted by 老犬シナモン at 19:46| Comment(30) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

夢の効果


三日月 タイトル.jpg


ごきげんよう 母さんです!


母さんにとってシナモンの存在価値は

癒しとエネルギーチャージだったネ

2.7kgのちっちゃな身体を使って

母さんだけを見て生きてきた
(時々パンダとバアちゃんも見てたかな?)

子犬のときも老犬になってからも

そしてアッチの世界に逝ってしまった今でさえ


そう 「今」もなお


それは思い出にふけり

記憶をたどっている時ではなく

夢の中でのこと

眠っている時にやってくる

しかもアッチで新しくできた

お友達を引き連れて 

ふふ ふふふっ


集合.jpg

母さんは時々気持ちが陰る

数日かけて

快復してきているナと思ってると

現実に行く手を阻む出来事が起きる

目の前にいる人の言葉が刺さって

心に傷を負う

そんな日の夜その出来事から

逃げるようにベッドにもぐった


え? もう朝なの?

さっき寝たのにもう朝?

時計を見るとちゃんと6時間は寝てるじゃない


あぁ 思い出した

今さっきまで見ていた夢がよみがえる

目の前にワンコが4匹並んでいるから

2匹ずつ頭の左右に引き寄せて

ハグしてたんだぁ


シナモン

お友達を紹介してくれるの?

うん.jpg


あら うれしい

よく来てくれたわねぇ

そう言ってハグしたら目が覚めたんだぁ

むぎゅ.jpg

だっこだっこ.jpg


昨日の楽しくない出来事の記憶は

薄れていたわ


その数日前にもシナモンと

夢の中でイチャついた

シナモンが逝ってから1年ちょっと過ぎた今頃

やっと夢で会えるようになってきた


抱っこ!と膝にすがりつき

シナモンをヒョイっとすくいあげる

母さんがシナモンを抱っこするのは

アタリマエ的な表情で

脱力して身をまかせる


すくい上げるときの重さ

身体の弾力 ぬくもり

シナモンはテンパーだったから

そぉっと背中に手をあてると

そのカールした毛の表面は

洗顔ネットで丹念に泡立てた

洗顔フォームの泡と同じ感触だったよね

と思い出す


こんな風に夢の中で

シナモンは母さんを癒し

明日のエネルギーをチャージしてくれる


仲良しの読者様がコメントで

こんなことを語ってくれてたわ

”朝 なんだかホッコリした気分で目が覚めました

 きっと夢でカレンとパパに会っていたんだなって・・・”


これって

「ただの夢よね」で済ませてしまえばそれまでで

アッチのかつて愛した存在が

また夢で会えたね! ありがとう・・・と

思えたら今もなお幸せ!ってホッコリ度アップだね


母さんも

ホッコリ度が上がってほのかな笑顔になれました

そこには 

あの時のもっとやってあげられることは

あったんじゃないか?

もっと一緒にいてやればよかった・・などの

後悔や悲しみの感情はいっさいなく

何でもない平和な日常でした

むふ.jpg

シナモン やっぱり母さんは

「今」もあなたを愛してる




見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村













posted by 老犬シナモン at 20:08| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

すずめ食堂

taitoru.png


ごきげんよう!母さんです


寒い季節 毎日ミカンを南の庭に置いて

バードウォッチングをしていた

シナモンがかつて毎日眺めていた庭にね

お庭ながめ.jpg


お客様はメジロとヒヨドリのご夫婦2組

まいにち足繁く通ってきてくださる


柵にフックでつりさげた何も植わっていない

土だけ入った植木鉢に落ちないように

横半分に切ったミカンを

ガーデニング用の細い40cmほどの支柱に刺して

土に固定しておく

そのミカンを置く場所を

母さんは「メジロ亭」と名付けているのね 


2組のご夫婦は春になると来なくなる

寒い季節になるとまた来てくれる


その場所と距離を置いて

東側の窓から見えるように

アイビーを植えた植木鉢を

隣家と隔てる塀にぶらさげてある

そこは「すずめ食堂」


ミカンではなくお米と

食べ残しのパンを乾燥させて

フードプロセッサーで粉砕して

粗みじんのパン粉にして

毎日植木鉢の20cm強の土の上に撒いておく

お客様はスズメ十数羽の御一行様

季節は関係なく毎日数回

降るようにやってくる


スズメたちの恋の季節は

早春らしい

とするとその恋が成就して

巣を作り卵を産み

ヒナが生まれ

そのヒナはもうそろそろ

大きくなってきてるんじゃないかなぁ?

・・・と思ったら

あぁ かわゆい

親子でやってきた

親ほどの大きさに成長しているけど

クチバシの両端が黄色い

顔も幼いのね


ヒナはここまで飛んでこれるのに

足元にある 

お米をついばむことができないの?

親がヒナにパンを口移しで与えてる

もっとちょーだい!と

羽を振るわせて 催促するヒナ

いいなぁ


母さんも毎日

あの親スズメみたいに

ササミを細く裂いてシナモンに

あーーんて食べさせてあげたっけネ。。。
ささみ5.jpg

関連記事
http://kawaii-cinnamon-chan.seesaa.net/article/395483684.html?1495864080


見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

あの頃は我が家の冷凍庫には
常にササミがストックされてたなぁ














posted by 老犬シナモン at 15:01| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

サラガドゥラ メチカブラ ビビディ・バビディ・ブー

taitoru.png

ごきげんよう 母さんです!


シナモンと暮らし始めて

何年も経った頃 ネットサーフィンしていたら

こんな文章にたどり着いた

それは「犬の十戒」


あなたはご存じですか?

犬を飼う前に読んでほしい10項目からなる

犬からのお願いの文章です

参考・・・「犬の十戒」Wikipedia


私は10番目の文章を読んだ時

「はい わかりました」と誓ったわ

そして最期の最期までその10番目にこだわって

その文章の通りに実行し完遂できた


それをなぜか母にも当てはめていたっけ

そしてこだわった→完遂


いつの頃からか 母とシナモンは同時期に

逝ってしまうだろうと

根拠もなく確信していた

そしたらそれは母の9か月後にシナモンだった

そこにはオマケがついていた

パンダも姿を消してしまったのね
(シナモンのパパね)


オーマイガッ 

そしてもうひとつ

母が逝った日は父の葬儀の日だった

母は離婚していたけれど

逝く数日前に病床で

「誠司さん今頃どうしているかしら・・」
(誠司さんは父のことね)

ねぇ ママぁ なんかわかってたんでしょう?

後をついてっちゃったの?

だから私はあのとき

「置いてかないでっ!」ってすがったんだよ

逝っちゃったケド・・・ったくぅ

ふふ ふふふっ

ケセラセラ〜(^^♪

どーにかなるんだって

ちゃんと納まるようになってんのよ

そんなもんヨ 人生は

Bibbidi-Bobbidi-Boo

あ〜こりゃこりゃ


なんでそんなに楽観できるの?

母やシナモンの時と同様

これも何の根拠もないけど

大丈夫なんだもん!っていう

確信があるからなのね

♪じーんせい らーくーあーりゃぁ
 くーもあーるーさー♪


よっこいしょーいち.jpg

そっかぁ 「苦もあるさ」じゃなくて

そこに雲があるから乗るのか
(それって山があるから登るんじゃないの?)

ほわっとした雲みたいな存在が

いつもそばにいるよ!てことか

少々こじつけですかね・・・(^^ゞ

これも

Oh my godですか?

ある意味そうですよ 

神はいつもそばで

微笑んでいてくれてるんでしょ?

sobanniiruyo.jpg

だって god ⇔ dog なんだもんっ





見てくださってありがとう!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村














posted by 老犬シナモン at 18:48| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする